犬が膝の上で寝る意味は何?愛情表現だけではない5つの意味を解説!

スポンサーリンク
犬の豆知識

犬を飼う時にふと気になる行動の1つが膝の上に乗って寝るという謎の行動です。

表面上は単なる愛情表現とも取れますが、実はそれだけではないことをご存知ですか?

今回は犬が膝の上で寝る意味を愛情表現も含めて解説します。

 

スポンサーリンク

犬が飼い主の上で寝る理由

 

 

犬が飼い主の膝の上で寝るのには犬なりの理由やサインというものがあります。

ここではその理由を詳しく説明していきましょう。

 

甘えたい

 

犬はとっても甘えん坊な生き物であり、飼い主がそばにいてくれるだけで嬉しいのです。

飼い主の上に居ることで少しでも温もりを感じて甘えたいのではないでしょうか。

私たち人間もぬくもりを感じるとぐっすりと眠れたりしますが、犬も同じでしょう。

飼い主のぬくもりを感じながら眠ることで、リラックスして眠ることができます。

 

安心できる

 

2つ目に犬は飼い主の膝の上を縄張りに見立てているので、安心できるのです。

不安に思っていることがあったり、怖いことがあったりした時に安心できる飼い主の上で寝たり寄り添って寝ます。

不安や恐怖心が大きいと小さく震えていることもあります。

撫でたり、声をかけるなどして安心させてあげましょう。

 

ポーズで分かる犬の気持ち

 

 

実は寝姿によって犬の気持ちや精神状態を知ることができます。

普段愛犬が自分の上で、どんな姿をして寝ているか思い出しながらチェックしましょう。

 

丸くなっている

 

犬の一般的な犬の寝姿ですが、実はこれが最も簡単なようで難しい表現です。

寒い時にこの寝姿であった場合は体温を逃さないよう体を丸めています。

逆に寒くもないのに丸まって寝ている場合は警戒・緊張している状態かもしれません。

もし冬でもないのに丸くなって寝ていたら、何かしたのサインだと思いましょう。

 

横向き

 

横向きは犬にとって楽な姿勢でリラックスしている状態ですので安心のサインです。

夏の暑い季節には横を剥いて開脚した状態で眠ることもあります。

開脚などお腹を完全に見せているときは体温で体が温まりすぎている可能性もありますので注意しましょう。

 

うつぶせ

 

うつ伏せの場合は決して安心という意味ではないので気をつけてください。

気を張り詰め周囲を警戒していたり不安があったりしたときに寝ていてもすぐに起き上がれるようにするためです。

飼い主の上でうつぶせで寝ている場合は何か起こってもすぐに動けるよう臨戦態勢に入っています。

 

仰向けに寝る

 

お腹を出したいわゆる「ヘソ天」をした無防備な姿は急所を完全に見せている状態です。

つまり、非常にリラックスしていて、安心しきって眠っています。

スポンサードリンク

飼い主の上でお腹を見せているならそれは飼い主のそばを安心できる場所と認識している証拠です。

 

他の犬に対するマウンティング

 

多頭飼いで先住犬が行う場合は後住犬に対する優位性を示すマウンティングのサインです。

飼い主が思う以上に犬は愛情深く、またそれ故に嫉妬深さが奥底にある生き物です。

だからこそ他の犬に対して「あくまでも1番は自分だ!」と強い自己主張をしています。

 

犬が飼い主の上に乗る行動を許してもいいの?

 

 

自分の膝の上で寝ている愛犬を見たら幸せを感じるのが飼い主の心理でしょう。

これを許していい時と許してはいけない時の2つに分けて解説します。

 

許していい場合

 

基本的に許していい場合は飼い主に甘えたくて膝の上などに乗って居る場合です。

犬が甘えたくて膝の上などに乗っている場合は愛犬の想いを冷たく突き放す必要はありません。

思いっきり膝の上で甘えさせてあげ、より深い信頼関係を築くことができます。

しかし、これが癖になって毎日になるようであればしっかりしつけてください。

 

許してはならない場合

 

逆に許してはならない場合は優位性を主張するため人の上に乗る時です。

この場合は初対面の人や子供などに対して多く1度犬を下に降ろしてみましょう。

降ろされたことで怒って唸ったり咬み付いたりするならマウンティングであり、許してはいけません。

「自分が上だ!」という意味を込めた行動なので子犬期にしっかりしつけておく必要があります。

 

犬を甘えさせないこと

 

 

このように犬が膝の上に乗ることは悪いことばかりではありませんが、癖にしてはいけません。

たまになら分かるのですが、毎日のようにやってくると段々ワガママな犬に育ちかねないのです。

マウンティングを取ることは人間に限らずどんな生き物にも決して許されない行為ではないでしょうか。

人間ですらやってはいけない行為を犬に許すことなどあってはなりません。優しさは決して甘さではないのです。

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

今回は犬が膝の上で寝る意味について色々と解説してきました。

愛情表現ではありますが、一方で警戒・不安やマウンティングなど後ろ向きの意味もあるようです。

もし後者の場合はきちんとしつけて品格のしっかりした犬に育て上げましょう。

品行方正である必要はありませんが、品性下劣な犬にしてはなりません

タイトルとURLをコピーしました